Loading...

ソレイユホーム

センターヒル

To resident

入居者さまへ

契約時に読む、
賃貸住宅トラブル防止について



賃貸住宅トラブルの大半は退去時の原状回復費(入居中あるいは入居前についた傷や汚れ破損などの、賃貸人と賃借人との費用負担トラブル)です。
基本的には、入居(契約開始日や、鍵の受領)した時点から、入居者の負担(管理責任)が発生します。

とは言え、入居してからしか分からないような、住宅設備や扉など建具の不具合などもあります。賃貸借契約書には、それらの不具合がないかの確認をしたうえで、賃貸借契約を締結された、と記載される事が通常です。
前提として、鍵の受渡しをした時点で、入居者が気付かなかっただけで、引っ越し作業や来客など可能性は十分にあり、管理会社は、契約書面でのジャッジしかできなくなってしまいます。

ですが、管理会社等に一速く報告(契約条項では「善管注意義務」と言います)すれば、明らかな不良と判断して初期対応で修理させて頂く場合も多々あります。
上記の報告を、引っ越しや新生活の煩雑さに追われて放置してしまうと、1ヶ月、3ヶ月、半年、一年・・・と経過するにつれ初期不良なのか?“善良な管理者”として通常のほこりの手入れや拭き掃除をしなかった責任なのか?分からなくなってしまい、且つ、“善良な管理者として報告義務”に違反したとして、退去時や、申告した時点で、入居者の負担、あるいは放置した事によって修理ができなくなったり、症状が酷くなったとして一部入居者負担を余儀なくされる場合があります。

何が負担で何が負担でないのか?
負担の見分け方は、通常ハウスクリーニングは貸主負担なので、クリーニングで落とせるものは貸主負担クリーニングで落ちないものは借主負担が通常の目安です。
つまり、善良な管理者として通常の生活での損耗は負担対象にはなりません。
例えば、生活上必要なタンス、ベッドなど家具による畳の日焼けや冷蔵庫の電気熱による壁紙の煤焼けも負担にはなりません。
また、時計やカレンダー生活必需品なのでその画鋲の穴は負担になりません。

しかしポスターや絵画など趣味と分類される過度な画鋲の穴やシール跡は対象になります。(市販のシール型・粘着型のフックは経年によって取り外す際に壁紙や木目を破損してしまうので要注意です※ピンフックをお勧めします
尚、借主負担の場合でも、一般的に退去後のリフォームや修繕費として敷引金や礼金を払っていると誤認されている方が多いのですが、通常損耗費は月々のお家賃に含まれており居住期間によって控除されたり軽減される事になっています。あまりにも意識し過ぎて快適な生活の妨げとならないためにも、是非『賃貸住宅トラブル防止ガイドライン』を一読下さい。

こんな事象にご注意



最近の事象としてご注意いただきたいのは、本人にも悪意や過失を認識し難い事故で、床を傷付けない予防目的やインテリアで敷かれるカーペットやマットの滑止めのゴム部分が長期使用や熱などで床に浸蝕着色を起こしてしまう、DIY家具など塗料が床に着色浸蝕してしまう、ユニットバスで髪染めや脱毛など 強い液剤をよく洗い流さないままで床や壁に浸蝕着色を起こしてしまう、ユニットバスに取り付けた棚など吸着盤のゴムが浴室パネル着色を起こしてしまう、買ったばかりの布団を洗わずに使用していて染料が壁紙に色移り着色してしまう、といった通常生活といえる事で起きてしまう事故があります。

この事故は殆どの販売元や販売店が補償してくれず同じ理由で貸主負担ではなく使用者責任・借主の費用負担となります。特にフローリング浴室パネル高額な修繕工事となり、かつ本人に過失を認識し難い事故がトラブルとなります。

こういった新たな事故を防ぐには使用前の確認と試用、日常において定期的に点検し清掃と洗い流しをしていただくことしかありません。大きな過失となる前に是非ご留意下さい。

特記事項



※特記事項として、本来玄関扉の鍵、退去後のハウスクリーニング費用など賃貸人の負担とされる項目についても、賃貸借契約書の特記事項に記載されていたり、特に説明を受けている場合賃借人(入居者)の負担と認められる項目もありますので、賃貸業者さんの説明をよく聴いて確認をして下さい。
※特記事項に記載のない害虫駆除代やハウスクリーニング代の支払いは貸主も管理会社も知らないことが多いのでご注意下さい。

ですので、契約してからではなく、直してもらうのか契約前からの損傷として特記事項や別紙覚書を交わすなど記録を残すのか、契約前に相談、確認をして下さい。 それでも気付かなかった傷や不具合は、少なくとも、気付いた時点でめんどうかもしれませんが、電話、FAX、郵便、メールなどで管理会社や賃貸ショップ等に連絡を入れ、退去時のトラブル防止と、入居中の余計な心配から解放された賃貸生活をお送り下さい。

賃貸住宅の原状回復費トラブルについて、平成19年9月に『賃貸住宅トラブル防止ガイドライン(東京都版)』が施行されました。地域に寄っては保証金や敷金、更新料など、様々な慣例や解釈がありますが、訴訟となった場合、最高裁では東京都版が採用される為、東京都版のダウンロードや閲覧をお勧めしておりましたが、平成25年3月に『賃貸住宅トラブル防止ガイドライン(大阪版)』が施行されております。 ご家族や知人の方へも広めて下さい。より多くの方に知っていただくことで、保証金や敷金、賃料などが適切でトラブルのない賃貸住宅生活の促進につながります

管理会社 株式会社ソレイユホーム
2020年11月30日追記

ご入居中のお問合せ方法
室内設備の故障、生活トラブルのご相談、解約・更新、その他お困りごと
お急ぎの方は
TEL0120-073-889
※月~土曜9:30~18:00(18:00~翌9:30および日・祝は受付のみ)

時間がない時間外や写真などでお問い合わせの方は
URLhttps://chintai.procall24.com/chat/chat.html
QR
※3営業日以内での回答となります

管理会社へ直接のお問合せ
ご入金の確認や、駐輪場など新規お申込み、写真などで被害や状況のご報告
E-MAILkanri08@soleil-home.com

※平日10:00~17:00
(コールセンターでも受け付けができます。履歴に残すためコールセンターからの回答になります。)

TOP